トップページ> 船> その他>  橘丸

橘丸

建造

2013年3月1日

就航

2014年6月27日

造船所

三菱重工下関造船所

所有

東海汽船

船籍

東京

総トン数

5,681トン

全長

113m

全幅

17m

全高

 

喫水

5.4m

速力

19ノット

機関

2サイクルディーゼル 4.350Kw

 

アジマス推進 1.500Kw

定員・貨物

1.000名  コンテナ34個

乗組員

 

退役

 

 

 

 

 

   橘丸 の航跡

   

  1986年(昭和61年)竣工の「かめりあ丸」(3,715トン)を置き換える目的で三菱重工業下関造船所で建造が進められ、2014年6月4日に竣工して6月27日より就航を開始した

   2012年(平成24年)5月に画家で東海汽船名誉船長の柳原良平の選定で「橘丸」と命名された。

  船体のカラーリングも柳原氏が手がけ、黄土色オリーブ色を配色した配色となりました。

 

  特徴的なのは、同社として初めてディーゼル機関と電動アジマススラスターを組み合わせた複合推進システムが採用された。

  このシステムは鉄道建設・運輸施設整備支援機構が建造促進する電気推進システムを用いたスーパーエコシップ旅客船](SES)であり、内燃機関と電動機関の異なる

  動力源を搭載するタンデムハイブリッド方式推進システムを装備する。

  (参考Wikipedia)

   上記画像は館山港に一般公開のため寄港したときのもの。他の画像は下記からご覧ください。

  「橘丸No1」   「橘丸No2」   「橘丸No」    「橘丸No」    「橘丸No」    「橘丸No」    「橘丸No」    「橘丸動画

 sea03.gif

Copyright(c) 2003 ELEC. All rights reserved.