トップページ> > 客船>  ボイジャー・オブ・ザ・シーズ

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ Voyager of the Seas

建造

 

就航

1999年10月27日

造船所

Kvaerner Masa-Yards Inc - Turku

所有

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

船籍

バハマ

総トン数

137,276トン

全長

311.12m

全幅

38.60m

全高

 

喫水

8.8m

速力

22.14ノット

機関

ディーゼル電気推進×6基 75,600kw

 

3スクリュー(ポッド型)

定員

3,138

乗組員

1,181名

退役

 

 

 

 

 

   ボイジャー・オブ・ザ・シーズ の航跡

   

  1999年の就航時、あの「タイタニック」の4倍、そして「クイーン・エリザベス2」の2倍の大きさを持つ史上最大の客船として注目を集めた。

  ロイヤル・ プロムナードと呼ばれる122メートルのストリートには、ブティック、カフェ、バーやカジノが軒を連ねる。

  パブリックスペースには、ロッククライミング・ウオール、アイススケートリンクをはじめ楽しく、斬新な施設が満載。船そのものが一大テーマパークになっている。

  2013年には初の東京発着クルーズを実施成功を収めた。

  (クルーズより) 

 

  2013年5月8日早朝ボイジャー・オブ・ザ・シーズは大黒ふ頭沖に姿を現しました。

  巨大船のためベイブリッジを通れないので、大黒ふ頭コンテナ埠頭に停泊。一般の人は埠頭内に入れないので、洋上からの見学となりました。

 

   入港の様子は下記からご覧ください。

   「ボイジャーオブザシーズNo1」  「ボイジャーオブザシーズNo2」  「ボイジャーオブザシーズNo3」 「ボイジャーオブザシーズNo4」 

 sea03.gif

Copyright(c) 2003 ELEC. All rights reserved.